Miwakoのビューティーブログ♪       

◎心と身体のストレッチとお手入れで毎日を美しく◎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祝い事は着物で

201009250953000.jpg

今日は目黒雅叙園にて親戚の

結婚式と披露宴でした。


いつもお世話になっている美容室の

小川さんに着付けと髪はお願いしました

自分でも着付けは出来るのですが、

今日のようなハレの日はやはり、

プロにお願いします。201009250954001.jpg


201009250953001.jpg

着物を着ると、背筋もシャンとして

気持ちがスッキリしますネ

着物は何種類か揃えていますが、全て

母の手縫いです。

なかなか着る機会がないのが残念ですが、

娘のために用意をしてくれた母には

とても感謝しています。


和装という日本の文化をこれからも

大切にしていきたいものです。


9月の安曇野の景色

ゆっくりと、秋の気配を感じ始めました。

蕎麦の花畑に、水色のお空と雲の景色。

赤とんぼも飛び始めていましたよ。

201009091334001.jpg

安曇野の小さなお宿を紹介しましょう。

『摘み草』 201009060803000.jpg

安曇野サロンから、ほど近いところに

お宿はあります。

渓谷沿いで、素晴らしいロケーションの

秘湯の宿といった感じです。

9月いっぱいは宿泊料金が、一泊2食で

通常より半額のナント!!

7777円!!

テレビ番組で、特集され、その記念価格だそうです。

私も家族と行ってきました^^
201009060649000.jpg


その他にも、安曇野は自然の宝庫。

お水がとても綺麗でお散歩に川まで。。。
201009050857000.jpg

201009050857001.jpg

ぴあのも天然水風呂に入水中

201009050905000.jpg

こんな景色の近くでレッスンしています



サイトウキネン・オペラ『サロメ』

松本にて年に一度の夏の催し

サイトウキネンフェスティバルで

オペラ『サロメ』を鑑賞してきました。

201008301844001.jpg

ビューティー仲間と

201008301842001.jpg

リヒャルト・シュトラウスの「サロメ」

時は西暦30年頃、エルサレム
 
 
主な登場人物は

サロメ(S)=16才の王女

ヘロデ(T)=ユダヤの王、サロメの義父

ヘロディアス(Ms) =サロメの母

ヨハナーン(Br)=預言者ヨハネのこと

ナラボート(T)=ヘロデ王の衛兵隊長


ストーリー【全1幕】
 時は西暦30年頃、舞台はエルサレムのヘロデ王の宮殿。

サロメは王妃ヘロディアスの娘で、ユダヤ王ヘロデは義父。
このヘロデというユダヤ王は、サロメの実の父でもある兄を殺し、
ヘロディアスを自らの妻としていました。

 宴の席で、ヘロデ王にいやらしい目つきで見つめられていた
サロメは、満月に照らされたテラスに逃れてきました。
すると、テラスの地下から不気味な声が聞こえます。
ヘロデ王によって隠し井戸に幽閉されていた預言者ヨハナーンの声でした。

 この声に興味を持ったサロメは、若い衛兵隊長ナラボートに
隠し井戸のフタを開けるよう命じます。
王から禁じられているにもかかわらず、ナラボートはサロメの
妖艶な美しさに心を奪われ、ヨハナーンを外に出してしまいました。

 しかし、井戸から出てきたヨハナーンはサロメの母ヘロディアスの
近親婚の罪をとがめるだけで、サロメの誘いには目もくれません。
サロメがくちづけを求めると、ヨハナーンは呪われよと言い捨て
井戸の底へと戻っていきました。
 
 サロメのことを追ってヘロデ王がテラスに出てきて、
その後を妻ヘロディアスが続きます。

地下からはヨハナーンがヘロディアスを非難する声が
聞こえてきますが、気にする妻を尻目にヘロデ王は
その声に耳を傾けません。

それどころか、ヘロデ王の目は常にサロメに注がれ、
サロメに踊ってみせよと命じます。
サロメは始めは断っていましたが、ヘロデ王に
踊りをみせれば望みのものをやろうと言われると、
サロメは「七つのヴェールの踊り」を披露しました。


 満足したヘロデ王が、望みは何だと尋ねると、
サロメはヨハナーンの首がほしいと言い出します。
その言葉に喜ぶ母ヘロディアス。

それに対し、聖者を殺すことを恐れたヘロデ王は
やめさせようと説得しますが、サロメの望みは変わりません。
 
 銀の皿の上にのせられたヨハナーンの首を持ち上げ、
くちづけをするサロメ。その有様を見ていたヘロデ王は
恐怖から兵士達にサロメを殺すように命じたのでした。。。



1時間半ちょっとの短いオペラですが、幻想的な音楽と
7つのヴェールの踊りは美しく官能的で、サロメの
激しい踊りのあとの長大なモノローグは、感動的でした。

恋焦がれるヨハナーンの生首を手に入れて
キスをするという、狂気的ともエロティックとも
いえるサロメの一途な思い。

ドキッとしたオペラでした。

江ノ島花火大会

今日は江ノ島サロンで、ヴェーネレ神奈川の

月初ミーティングがありました。

名古屋から、S先生も来て下さり、

とある、著名な本を題材に、今、真に

気付かねばならないこと、自分の

超えるべき課題について、笑いあり、

涙ありで話し合いは進行。


そして今日は江ノ島花火大会。

今年は11月に本番があり、規模は縮小だったのですが、

楽しい事大好きな私たち。

201008031841000.jpg

ネイルサロンから一望の江ノ島を眺めながら、

ワクワクしながら、宴会の準備、準備♪
201008031838000.jpg

だんだん日も暮れて、サロンから

下をのぞくとスゴイ人、人!!

201008031936000.jpg

ここにご縁を頂き、一年経ち、いろんな事が

ありました。全て私を成長させてくれる、

有り難い出来事でした。これからも新たに

自分の人生の課題に果敢に取り組もう。

そんな思いで花火を眺めました。
201008031959001.jpg

感謝。

江ノ島サロンに弁天様が。。。

江ノ島サロンをオープンして1年。

この度、ヴェーネレ主宰の吉丸美枝子先生が、

江ノ島サロンで、初めてプロ養成を行ってくださいました!!

神奈川のスタッフ、一人一人に細やかな洗顔指導。


心を伝える前に、技術もプロの美容家として

鍛錬が必須です

201007301044000.jpg

ウィングスのかけ方、お肌の触り方まで。
201007301129000.jpg

午後は、神奈川のスタッフ一人一人の、

話を聞いてくださり、現在、子供や夫など、

家庭のこと、仕事に対することなど

それぞれが抱える様々な問題点に

親身に細やかに答えてくださり、本当に

有り難いと思いました。


ビューティーライフプロデュースって、

こういうことなんだなぁって、

改めて思いました。そこから、その方の

望むこと、美と健康を保ち、幸せでいられるための

ステップを、その方の望みが満足いくまで

プロデュースしていく。

それが、私達の仕事のあり方なのだと。


こんな、大切で基本的なことを、

私は、できていなかったのだと思います。


真のビューティーライフプロデューサーを

目指し、新たに前を向いて進んで参ります



休憩は、サロン下にある、

フローズンヨーグルトアイスのお店で。201007301355000.jpg

サロンで、吉丸先生と、Ⅰ先生、S先生と。
201007301724000.jpg



夜は、先生から、『うわさで美味しいと有名なご飯やさん、

えぼしってところに連れてって~』ってことで、、、


ここは、地上がりの魚料理や、魚介類、他、

焼き鳥、デザートも充実していて、

とっても美味しいお気に入りの茅ヶ崎のお店。

金目鯛の煮付けを前に吉丸センセ。201007301857000.jpg

えぼし:0467-86-6217

東京、千葉、埼玉からも皆様、お越しくださいまして、

本当にありがとうございました。
201007302017000.jpg

神奈川の方々に、美と健康と、心の豊かさを

お伝えできるように尽力いたします

感謝。             

前のページへ HOME このページの一番上へ 次のページへ

プロフィール

Miwako

Author:Miwako
美容家

お顔と 身体と 心のお手入れとストレッチをして日々、磨き続ける毎日の42歳。

薔薇と温泉、旅行が好き♪

湘南 と信州在住。

富山県生まれ

健康を保ち、美しくありたいと願う、日々ログ。
花や緑、自然に触れながら、楽しんで心と身体を磨き、幸せを感じ取る習慣づくりを気ままに綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。