Miwakoのビューティーブログ♪       

◎心と身体のストレッチとお手入れで毎日を美しく◎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤み波子の銀座サロン『強運バストレッスン』

美しくありたい皆様、
いつもありがとうございます。

午前中、銀座サロンでセミナーを
行ないました。

其の名も 
『強運バストレッスン』ですわっっ^^

902号室は人・人!! 

美乳に対する皆様の興味の高さも
あってか、おかげ様で本当にたくさんの
受講者で 賑わいました。

そのため今回、写真撮る間もなく。。。^^;

これを期に、わたくしのように、
自分の心と身体を磨くことで、
幸せな人生の第1歩を 
踏み出していただけたら、
こんなに嬉しいことはありません。

皆様の今日も明日も良い一日で
ありますように

明日は名古屋。吉丸先生の
ビューティーショーに行ってきます

スポンサーサイト

神戸のお花たち

今日は午後から神戸プロ養成

始まる前にお久しぶりのTakeokaちゃんとランチ
三宮のミントビル2階のピンクカラーのカフェ。

今日はパスタに

大好きな彼女と久しぶりに会えて
とても嬉しかったので、思わずパチリ
200910231138000.jpg

今回、いつも素敵な会員のSさんが見学に
お花をいただきました

お心遣い深く感謝いたします
お花・211023

新幹線の中でも大好きなお花を
眺めていました。。。

今日も良い一日。
ありがとうございます。           みわわん


江ノ島プロ養成・初心忘るべからず

今日は自らを美しく磨く、江ノ島プロ養成

今日からプロ養成スタートの方や
ボディの認定試験の受験者も。。。

指導しながら、まだまだ未熟なわたくしが
6年前にヴェーネレ美容法を学び始めた
頃のことを思い出しました。

いつも思い出す言葉。

「初心不可忘」 
     初心忘るべからず〈世阿弥〉


この意味、
「初めてその事にたずさわった時の
感動や意気込みを忘れずに物事に
当たらなければならないない」

こんな風に解釈している人も
多いのでは~

「初めて体験した時の心のもちよう」だと
解釈してしまいがちですが、正確に言えば
「最初の時の芸のレベル」

世阿弥の書いた「花鏡」のなかにある
言葉ですが、世阿弥は次のように書いています。

『万能一徳の一句あり。
    初心忘るべからず。
       この句、三ヶ条の口伝あり。
         是非とも初心忘るべからず。
           時々の初心忘るべからず。
             老後の初心忘るべからず。
                この三、よくよく口伝すべし』


つまり、三つの「初心忘れるべからず」
あるのです

まずは「最初の時の芸の未熟さを
忘れてはならない」
ということ。

初心者の時の 自分がどれだけ
未熟であったかということを覚えて
おくことで、自分の成長ぶりが
相対的にわかります。

過去の過ちも覚えておけば、
同じ過ちを犯さなくてすみますね。

そして、芸が上達・成長していく
過程においても、徐々に段階を踏むため
、その段階段階におけるそれぞれの
“初心”があるはずです。

自分の芸、品格、魂のレベルを
上げたいのであれば、その時々の
初心を忘れてはなりませんネ。

さらに、年月を経て ある程度の芸の
極みに達しても、これで良いと言えるような
到達点はありません。

たとえ達人の境地に達したとしても、
その境地に足を踏み入れた時点で、
それはそれで新たな初心。

この言葉は いつも尊敬するヴェーネレの
会長
がおっしゃる言葉です

皆が帰り、迎えの車を待つ間、江ノ島の夕暮れが
とっても美しかったです
211021.jpg

今日も気付きの一日でした。感謝いたします

信州 安曇野 芸術の秋

安曇野の 禄山美術館  へ時々訪れます。

萩原禄山
紅葉したツタがからまる趣のある美術館。

日本のロダンと称される荻原守衛(碌山)


-------LOVE IS ART,  STRUGGLE IS BEAUTY.
        --愛は芸術なり 相剋は美なり--
-------




ここは今回は夫と訪れましたが、
一人でゆっくり鑑賞してもいいかな~。

彫刻。 絶作となった 『女』 
ずっと見ていたいと思ってしまう作品。

第二展示室入口には芸術家であり、
守衛の親友・戸張孤雁の言葉が刻まれています。

「自然はその美を各人の掴み取りに任せてゐる

   手の大なる人は多く取り、小なる人は少なく取る」


暮らしは芸術。
美しさは自分の中にあり、
「生きる」意味の一つ、美と愛を感じ取る。。。
それは何気ない葉ずれの音。
暖かな陽だまり。
雲の流れ。川のせせらぎ。
愛する人の微笑み。

この世は生かしていただけるだけで
全ての宇宙の営みに畏敬の念がわき、
本当に感動の毎日の連続です。

そこから全て感謝の気持ちが生まれてきます。

感動する心はその人次第。
美を感じる眼も。幸せだと気付く心も。

芸術の秋を堪能しながら、思いました。
今日も感謝


信州・別所温泉 松茸山

秋の味覚の一つ、松茸を味わいに
別所温泉『二幸園』

松茸を堪能したいならココ、オススメです!!
販売用のマツタケちゃん。
今年は去年と比べてあまり松茸が
採れていないそうです。
MATUTAKE籠

名物の松茸鍋マツタケ鍋

他に松茸の土瓶蒸し、天麩羅、茶碗蒸し、
松茸ホイル焼き、松茸ご飯等々ついて
フルコースで1万円というこのお値段。

都会ではまず味わえません。

これは松茸姿焼きの一品。
マツタケ姿焼き1 2110
マツタケ姿焼き2

帰りはもちろん別所温泉。
『あいそめの湯』へ。
単純硫黄泉でぬるめのお湯。

お肌ツルツルになります

HOME このページの一番上へ 次のページへ

プロフィール

Miwako

Author:Miwako
美容家

お顔と 身体と 心のお手入れとストレッチをして日々、磨き続ける毎日の42歳。

薔薇と温泉、旅行が好き♪

湘南 と信州在住。

富山県生まれ

健康を保ち、美しくありたいと願う、日々ログ。
花や緑、自然に触れながら、楽しんで心と身体を磨き、幸せを感じ取る習慣づくりを気ままに綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。